Login/Register
1. 選択
2. 入力
3. 確認
4. 支払
5. 配送

ニュージーランド 公式渡航・入国書類

ニュージーランド への渡航書類を入手できます。
Documonde.co.jpのサービスで、以下の書類を簡単に作成・提出できます。まず要件を確認、ログインします。続けて、渡航情報を入力、ワクチン接種証明書などをアップロードし、送信するだけです。あとはDocumonde.co.jpにお任せください。

出国前および入国到着時の必要条件を理解するために、以下の各書類をご確認ください。

電子渡航認証(eTA) + IVL ¥5000

詳細な要件を表示

 

入国条件
日本在住者は制限が
少なくなっています



ビザ免除かつNZeTA(ニュージーランド電子渡航認証)保有で、他の条件を満たしている場合、ニュージーランドへ渡航できます。他の条件は (こちらを)ご確認ください。(英文) NZeTAはこちらから、(英文)  またNZeTA + 入国カード + 税関申告書は こちらから入手できます。 日本国民と日本在住者を含めるビザ免除の渡航者は、ニュージーランドを出国してビザ免除の制限内で同国へ戻ることができます。(以下参照)

ニュージーランドへ入国する渡航者のほとんどは、以下のいずれかのCOVID-19検査の陰性証明を提示しなければなりません。
- 医療機関実施によるラピッド抗原検査(RAT) :ニュージーランドに向け最初に乗る国際線の出発予定前24時間以内に検査実施。
- 医療機関実施による新型コロナウイルス遺伝子検査(LAMP)検査:ニュージーランドに向け最初に乗る国際線の出発予定前24時間以内に検査実施。
- PCR検査:ニュージーランドに向け最初に乗る国際線の出発予定前48時間以内に検査実施。 (ワクチン接種済みであっても、到着時にセルフテストを行うとしても、上記の検査のうち1つが必要です。)

ワクチン接種完了している渡航者は、到着後にRAT(ラピッド抗原検査)を2回行うこと。到着空港で指示付きの検査パックを渡されるので、以下の2回を行ってください。
1) 0日目/1日目:ニュージーランドに到着時
2) 5日目/6日目

到着客は、政府の保健当局または承認当局発行の、COVID-19ワクチン接種完了を証明したデジタル版ワクチン証明書または他の電子的および紙の書類が必要です。
少なくても1つの政府保健当局または承認当局が承認したワクチンならいかなるワクチンでも、ニュージーランド入国に承認されます。
あなたの証拠は、ワクチン接種完了したことを証明すること。 (ここをクリック: (英文) "ニュージーランド入国における承認ワクチン")

また、あなたの証拠は、COVID-19ワクチンを1回以上接種したことを証明すること。(回数はワクチン種類による。)
あなたが接種した国で承認されたワクチンコースであれば、異なる種類のワクチンの組み合わせも可能です。
一般的に、有効なワクチン証明として必要な情報は以下の通りです。
- 渡航者のフルネーム
- 接種ワクチン名(複数あれば全て)
- 接種の管理省庁名
- 接種場所名
- 各回接種日、または最初のワクチンコースの完了日

6歳以下の場合、ワクチン証明は不要です。

全ての渡航者は、NZ渡航者申告システム (New Zealand Traveller Declaration)のオンラインフォームを提出すること。(英文)渡航者のワクチン証明やPCR結果のアップロードもここから行います。

乗り継ぎは、オークランド空港(AKL)でのみ許されており、同空港トランジットエリア内にとどまること。到着時、ニュージーランド入国の申請は不可。
最長24時間までトランジットエリアにいることが可能。24時間を超えてとどまることが必要な場合、乗り継ぎ客とはみなされないので、ニュージーランド到着前に入国を申請すること。

NZeTA + IVL: オンラインウェブフォーム (日本語は下へ)

”United against Covid-19” (最新情報): ニュージーランド への渡航(英文)

IATAトラベルマップ 世界各国の入国規制(英文)

Travel Information Hub: スターアライアンス(英文)

CDC Covid-19トラベルマップ 渡航先別(英文)

今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
更新日: 2022/05/18

1. NZeTA+IVLの発給:
入手可能 作成する場合は
ログインまたは登録をクリック。
2. NZeTA+入国カード+税関申告書: 入手可能 から「NZeTA+入国カード+税関申告書」を選択してください。
3. 入国カード+税関申告書: 入手可能から「入国カード+税関申告書」を選択してください。
4. 査証: 90日以下の滞在の場合、不要。
5. 条件:観光、一般商用、留学(最大3ヶ月)。就業不可。
6. パスポート:到着日の時点で、残存有効期間が予定滞在日数+3ヶ月以上あること。入国スタンプ用に白紙1ページが必要。
7. 滞在可能期間:3ヶ月。ニュージーランド国内で、オンラインでの延長手続き可。
8. 滞在延長:ニュージーランド内で手続可能。入国管理局のオンラインサービス上で申請し、料金を支払う。初めてのVisitor Permit保有者は、延長期間を含めて9ヶ月まで延長できる。Stay Extension Details
9. 出国する証明:往復または次の目的地への購入済み航空券(チケット)、次の目的地へ行くために必要な書類、 ニュージーランドでの滞在費が十分である証明が推奨されている。1ヶ月あたり最低NZ$350、または12ヶ月でNZ$4200。
10. 語学研修:留学ビザなしで、3ヶ月以内の英語研修が可。
11. 入国時:
  • 健康状態の申告:必須(入国者)
  • 体温チェック: 必須)
  • マスク着用:義務(但し、12歳未満の子供と、特定の病状を持つ人は免除)
  • ソーシャル・ディスタンス: 義務 (2m / 6ft)
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)検査:必須
12. 参考情報ウェブサイト(英文): 渡航者は全員記入(英文)。機内にて配布され、入国時に提出する。

米Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
CDC: Traveler's Health
CDC: Traveling to New Zealand

世界保健機関 (WHO)
WHO: General Travel Advice
13. 予防接種又は予防薬の国際証明書 (INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION OR PROPHYLAXIS)(英文): 以下のリストにある国から出発し、10日以内に到着する、1歳以上の渡航者は提出必須。乗り継ぎでこれらの国の空港に12時間以上滞在した渡航者も含む。

黄熱ワクチンと追加接種は一生涯有効であり、月齢9ヶ月以上から受けることができます。
14. 以上の要件: 急に変更される可能性もあるため、最新情報については お問い合わせ または大使館へご確認ください。

電子渡航認証(eTA)+ 入国カード + 税関申告書 ¥5950

詳細な要件を表示

 

必須でない渡航の場合
一部制限


ニュージーランドは2年近くの厳しい国境閉鎖(家族も対象、外国人大半が対象)を経て、国境再開の準備を進めている。

同国政府は、2022年02月03日、5段階計画を発表。2月下旬からワクチン接種完了の同国民がオーストラリアへ渡航できるとした。同国到着時の自主隔離が必要だが、政府の隔離施設の利用は必須でなくなる。2022年7月から、オーストラリアやビザ免除国(日本、他のアジア・欧州各国)からのワクチン接種完了者は同国へ入国できるようになり、到着時には自主隔離を行う。

乗り継ぎはオークランド空港(AKL)のみで、最大24時間許されています。

ニュージーランド行きの便の出発72時間前に行ったPCR検査の陰性証明書が必要です。

eTAは、必ず搭乗前に入手してください。eTAは電子送信され、パスポートに紐づきます。渡航前にオンラインで入手する必要があります。

NZeTA + IVL: オンラインウェブフォーム (日本語は下へ)

”United against Covid-19” (最新情報): ニュージーランド への渡航

IATAトラベルマップ 世界各国の入国規制

Travel Information Hub: スターアライアンス

CDC Covid-19トラベルマップ 渡航先別

今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
Last Updated: 2022/02/08

1. The Managed Isolation Allocation System: Required The Managed Isolation Allocation System, including creating an account. Appling for a travel Voucher (essential)
2. NZeTA+IVL+入国カード+税関申告書: 入手可能 作成する場合は ログインまたは登録をクリック。
3. NZeTA+入国カード+税関申告書: 入手可能から「NZeTA+入国カード+税関申告書」を選択してください。
4. 入国カード+税関申告書: 入手可能から「入国カード+税関申告書」を選択してください。
5. 査証: 90日以下の滞在の場合、不要。現在発給停止。当面査証は必要。
6. 条件:観光、一般商用、留学(最大3ヶ月)。就業不可。
7. パスポート:到着日の時点で、残存有効期間が予定滞在日数+3ヶ月以上あること。入国スタンプ用に白紙1ページが必要。
8. 滞在可能期間:3ヶ月。ニュージーランド国内で、オンラインでの延長手続き可。
9. 滞在延長:ニュージーランド内で手続可能。入国管理局のオンラインサービス上で申請し、料金を支払う。初めてのVisitor Permit保有者は、延長期間を含めて9ヶ月まで延長できる。Stay Extension Details
10. 出国する証明:往復または次の目的地への購入済み航空券(チケット)、次の目的地へ行くために必要な書類、 ニュージーランドでの滞在費が十分である証明が推奨されている。1ヶ月あたり最低NZ$350、または12ヶ月でNZ$4200。
11. 語学研修:留学ビザなしで、3ヶ月以内の英語研修が可。
12. 入国時:
  • 健康状態の申告:必須(入国者)
  • 体温チェック: 必須)
  • マスク着用:義務
  • ソーシャル・ディスタンス: 推奨 (2m / 6ft)
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)検査:必須
13. 参考情報ウェブサイト(英文): 渡航者は全員記入(英文)。機内にて配布され、入国時に提出する。

米Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
CDC: Traveler's Health
CDC: Traveling to New Zealand

世界保健機関 (WHO)
WHO: General Travel Advice
14. 予防接種又は予防薬の国際証明書 (INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION OR PROPHYLAXIS)(英文): 以下のリストにある国から出発し、10日以内に到着する、1歳以上の渡航者は提出必須。乗り継ぎでこれらの国の空港に12時間以上滞在した渡航者も含む。

黄熱ワクチンと追加接種は一生涯有効であり、月齢9ヶ月以上から受けることができます。
15. 以上の要件: 急に変更される可能性もあるため、最新情報については お問い合わせ または大使館へご確認ください。

入国カード + 税関申告書 ¥1400

詳細な要件を表示

 

必須でない渡航の場合
一部制限


ニュージーランドは2年近くの厳しい国境閉鎖(家族も対象、外国人大半が対象)を経て、国境再開の準備を進めている。

同国政府は、2022年02月03日、5段階計画を発表。2月下旬からワクチン接種完了の同国民がオーストラリアへ渡航できるとした。同国到着時の自主隔離が必要だが、政府の隔離施設の利用は必須でなくなる。2022年7月から、オーストラリアやビザ免除国(日本、他のアジア・欧州各国)からのワクチン接種完了者は同国へ入国できるようになり、到着時には自主隔離を行う。

乗り継ぎはオークランド空港(AKL)のみで、最大24時間許されています。

ニュージーランド行きの便の出発72時間前に行ったPCR検査の陰性証明書が必要です。

eTAは、必ず搭乗前に入手してください。eTAは電子送信され、パスポートに紐づきます。渡航前にオンラインで入手する必要があります。

NZeTA + IVL: オンラインウェブフォーム (日本語は下へ)

”United against Covid-19” (最新情報): ニュージーランド への渡航

IATAトラベルマップ 世界各国の入国規制

Travel Information Hub: スターアライアンス

CDC Covid-19トラベルマップ 渡航先別

今後世界の状況に応じて措置は変わりうるため、情報更新を定期的に確認してください。
Last Updated: 2022/02/08

1. 入国カード+税関申告書: 入手可能 作成する場合は ログインまたは登録をクリック。
2. NZeTA +入国カード+税関申告書: 入手可能 から「NZeTA +入国カード+税関申告書」を選んでください。
3. NZeTA+入国カード+税関申告書: 入手可能から「NZeTA+入国カード+税関申告書」を選んでください。
4. 査証: 90日以下の滞在の場合、不要。現在発給停止。当面査証は必要。
5. 条件:観光、一般商用、留学(最大3ヶ月)。就業不可。
6. パスポート:到着日の時点で、残存有効期間が予定滞在日数+3ヶ月以上あること。入国スタンプ用に白紙1ページが必要。
7. 滞在可能期間:3ヶ月。ニュージーランド国内で、オンラインでの延長手続き可。
8. 滞在延長:ニュージーランド内で手続可能。入国管理局のオンラインサービス上で申請し、料金を支払う。初めてのVisitor Permit保有者は、延長期間を含めて9ヶ月まで延長できる。Stay Extension Details
9. 出国する証明:往復または次の目的地への購入済み航空券(チケット)、次の目的地へ行くために必要な書類、 ニュージーランドでの滞在費が十分である証明が推奨されている。1ヶ月あたり最低NZ$350、または12ヶ月でNZ$4200。
10. 語学研修:留学ビザなしで、3ヶ月以内の英語研修が可。
11. 入境時:
  • 体温チェック: 必須
  • マスク着用:情報なし
  • ソーシャル・ディスタンス:情報なし
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)検査:必須(核酸検査)
12. 参考情報ウェブサイト(英文): 渡航者は全員記入(英文)。機内にて配布され、入国時に提出する。

米Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
CDC: Traveler's Health
CDC: Traveling to New Zealand

世界保健機関 (WHO)
WHO: General Travel Advice
13. 予防接種又は予防薬の国際証明書 (INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION OR PROPHYLAXIS)(英文): 以下のリストにある国から出発し、10日以内に到着する、1歳以上の渡航者は提出必須。乗り継ぎでこれらの国の空港に12時間以上滞在した渡航者も含む。

黄熱ワクチンと追加接種は一生涯有効であり、月齢9ヶ月以上から受けることができます。
14. 以上の要件: 急に変更される可能性もあるため、最新情報については お問い合わせ または大使館へご確認ください。

ニュージーランド旅行者申告書 ¥

詳細な要件を表示



大使館連絡先の詳細

ニュージーランド大使館
〒150-0047 東京都渋谷区神山町20-40
電話: 03-3467-2271
Eメール: nzemb.tky.pa@mfat.govt.nz
営業時間: 10:00-16:00
休日: 土、日曜、両国祝祭日の一部
URL: URL: トップページ

(サインインが必要) (初めてご利用になる方)